ワキガやきつい体臭の原因として挙げられるのが大量の汗

ワキガやきつい体臭の原因として挙げられるのが大量の汗

ワキガやきつい体臭の原因として挙げられるのが大量の汗です。

 

人間の体には二種類の汗腺があります。まず汗とは体温を調節するために分泌されるもので、運動をしたり気温が上昇して体温が高くなった時に発汗は起こります。その成分は水分がほとんどでアンモニアや塩分、尿素などがほんの僅かに含まれています。身体中にある汗腺をエクリン腺といい、このエクリン腺から分泌される汗にはほとんどニオイはありません。

 

一方で脇の下や耳、外陰部や乳首などにのみある汗腺がアポクリン腺です。ここから分泌される汗には脂質やタンパク質、糖質などが含まれています。このアポクリン腺から分泌された汗が皮膚の上で雑菌と混ざることによりワキガの原因となります。基本的にアポクリン腺は誰にでもありますが、その量は生まれつき決まっています。この生まれつきのアポクリン腺が多い人ほどワキガになりやすいのです。

 

もしも汗をかいた後の下着や衣服が黄ばんでいたり、ニオイを他人から指摘されたらワキガを疑いましょう。

 

ワキガの対策はとにかく清潔に皮膚を保ち、デオドランド剤などを活用することです。医師の注射などでも対策ができますし、ワキガを軽減する手術を行う病院もあります。

 

またニオイ対策としては脇の毛をすべて剃っておくのも効果があります。男性は最初は抵抗があるかもしれませんが、脇の毛を剃ることで雑菌の繁殖やそれによるニオイを抑えることが出来るのです。毛深い人ほどワキガが強い傾向があるという説もあります。

 

デオドラント剤は普通の制汗剤ではなくワキガ専用のものを選ぶといいでしょう。ワキガ専用のデオドラント剤は制汗作用に加え殺菌力が強く、消臭成分も含まれています。

 

日頃の生活習慣を見直すことでもワキガのニオイは軽減できます。

 

食生活も脂っこい肉中心の食事ではなく、魚や野菜が多めのあっさりとした和食にしてみるといいです。アルコールも少量ならばいいですが、毎日飲酒する習慣のある方は思い切って量を減らしましょう。