玉ねぎのケルセチンで血管年齢が若返る

玉ねぎのケルセチンで血管年齢が若返る

最近老けてきたな、と落ち込んでいませんか?誰しも老化を食い止めたいと思いますよね。そのためにアンチエイジングに効果がある食べ物を食べる事も重要です。ここで身近な食べ物である玉ねぎのアンチエイジング効果について解説します。

 

玉ねぎの皮に含まれているケルセチンはレスオエラトロールのようにサーチュン遺伝子の活性化に効果が期待できます。血管の機能低下は男性40代、女性で50代から機能低下が加速していきます。でも、血管機能の低下など自覚症状がありません。

 

ですが、その状態を放置しておくようになると、将来的には心筋梗寒や脳梗寒などの重い病気になる恐れがあります。血管は年齢を重ねるとしなやかさがなくなり、硬くもろくなります。飲酒や喫煙、肥満などは血管機能に悪い影響が出ます。でも、血管は1か月くらいで若返ると言われます。他の臓器と比較してしっかりとケアをすれば、早く若返る事が分かっています。そこで活躍を期待できるのがケルセチンです。ケルセチンはポリフェノールの一種で強い抗酸化力があります。野菜の中では特に玉ねぎの皮にたくさん含まれます。

 

ケルセチンの働きとしては血管内皮の機能向上に効果があります。血管は外側から外膜、中膜、内幕と続いて、最も内側に血管内皮の薄い層があり、そこからいろいろな指令が出されます。この血管内皮が正常な状態にあるならば、血管が柔軟に拡張し血流もスムーズになります。血管を老けさせる活性酸素が増加すると、血管内皮機能は低下して血管は縮こまり弾力を失くして、動脈硬化へ繋がります。玉ねぎに入っているケルセチンには抗酸化効果があります。抗酸化作用があるので活性酸素を除去してくれます。

 

そのため血管内帆の機能が高まって血管年齢が若返ります。玉ねぎのケルセチンを摂取したいところですが、皮を食べるのは難しいですよね。そこで皮をむいた玉ねぎを1週間日光に当てます。このようにしておくと細胞を守ろうとする働きからケラチンが増加するのです。アンチエイジングにもいろいろありますが、血管を焦点に当てて玉ねぎを食べる事の重要性を説明してきました。ぜひ、玉ねぎを積極的に過剰摂取しない範囲で食べましょう。