制汗剤はタイプの違うものを組み合わせてうまく使い分けよう

制汗剤はタイプの違うものを組み合わせてうまく使い分けよう

「汗」と聞くと「嫌な臭いの原因」とイメージする人も多いのですが、汗そのものには臭いは無いそうです。

 

 

脇や首元などどこの部位から出る汗でも元々は無臭です。しかし、そのままケアをせずに放っておいて時間が経つと、その汗が酸化したり細菌によって分解されて臭いの原因となる物質に変わり、汗の嫌な臭いやわきがなどの不快な臭いを発するようになってしまいます。夏の暑い時期やスポーツをした後など、汗の量が多くなると細菌の量も増えてしまいさらに強い臭いを発するので、汗の臭いが一段と気になるのは汗の量にもよります。

 

 

汗や汗の臭いの悩みの解決アイテムでいろいろな種類の「制汗剤」がありますが、その制汗剤の効果的な使い方を紹介します。まず使用の回数はどのぐらいが良いのか?と疑問を持っている方も多いと思いますが、一日に使う時間や回数などの決まりは特に無いので、汗や汗をかいた後の臭いが気になるそれぞれのタイミングに合わせて小まめに使用しても大丈夫です。

 

 

スティックやスプレータイプに制汗シートなどいろいろなタイプの制汗剤がありますので、朝の外出前にはスティックやスプレータイプ、ウォータータイプの制汗剤は寝汗をかいた朝起きたすぐ後やお風呂上り後など、自分に合った制汗剤を自分のスタイルや汗の気になる体の部位ごとに合わせて上手く使い分けることが良い使い方です。

 

 

制汗剤の効果的な使い方ですが、いろいろな種類やタイプの制汗剤があるので「何種類かタイプの違う制汗剤を組み合わせて上手く使い分ける」ことが汗の臭いを抑える一番効果的な方法です。

 

 

 

例えば、スポーツをした後など大量の汗をかいた後に使いやすいスプレーやロールオンタイプの制汗剤を使いたい場合には、もう一手間入れまして最初にシートタイプの制汗剤で汗を拭き取って軽く清潔にしてから使うと、一つの制汗剤を使うよりもさらに効果があるそうです。応用させるとそのシートで清潔にした後に「香り」を重視したタイプの制汗剤とを組み合わせるとデオドラント効果も得られ、さらに快適になります。