妊娠しやすい体に必要なのは食事と運動

妊娠しやすい体に必要なのは食事と運動

妊娠しやすい体というのはあるか無いかと聞かれたら、あると言えるでしょう。
では、そういった体とはどういった体のことを言うのか、どうすればそうなるのかをご紹介します。

 

まずは、よく聞く事かも知れませんが、女性の大敵である冷えを抱えている方、これは妊娠するのにも大敵となります。
この冷えを改善する方法はいくつかあります。

 

1つは食事から治す方法です。

 

食材には身体を冷やすものと温めるものとがあるのをご存知でしたか。
例えば、果物1つとっても、マンゴーなどの南国原産のフルーツは基本的に体を冷やすものが多いです。
ですが、柿など、日本の秋や冬などに食べられる果物は体を温める果物なのです。

 

また、皆さんがよく使うであろう、薬味としておなじみの生姜やネギなども体を温める食材として有名ですから、こういったものを意識的に日頃から摂るようにすることが冷えの改善につながります。
また、飲み物も冷たいものばかりを飲むのではなく、温かい物を飲んで身体の中から温めるようにしましょう。

 

そして、もう1つは運動から冷えを改善するという方法です。

 

特にヨガやピラティスは、子宮の中まで温めてくれるエクササイズですので、赤ちゃんが好む空間を作り上げてくれるものなのです。
ですから、これらのエクササイズをやっているスポーツジムなどに入るか、そういったスタジオに通って、日頃から体を温める努力をすることで冷えはどんどん改善されていきますので、安い教室を見つけて継続的にそれらを行うようにしましょう。

 

最後に、生活習慣もただすようにしましょう。
例えば、睡眠不足やストレスや疲れが溜まっているという方は要注意です。
これらによって血管が緊張して血の巡りが悪くなってしまいます。

 

血の巡りが悪くなると冷えを引き起こすことになりますから、妊娠しにくい身体を作り上げてしまいますので、できるだけストレスをためない生活、そして、なるべく早寝早起きの生活を心がけることが大切です。